せどり!せどせど

せどりに役立つ情報発信を行うブログです。

せどりはサラリーマンにピッタリの副業!おすすめの理由から始め方まで解説

サラリーマンの中には、副業としてせどりを検討している方も多いのではないでしょうか。せどりはサラリーマンの副業に最適です。この記事では、せどりがサラリーマンの副業としておすすめの理由から、いくら稼げるのか、必要な資格や免許、スキル、注意点、始め方まで紹介しているので参考にしてください。

 

 

せどりはサラリーマンでもできる副業なのか

せどりはサラリーマンに向いている副業です。特別な知識やスキルがなくとも取り組めます。決まった時間に行うアルバイトとは違い、隙間時間に活動可能です。せどりは忙しいサラリーマンにピッタリな副業といえます。

 

<複数のツールがパッケージ化>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>

 

せどりがサラリーマンの副業におすすめの理由

せどりはサラリーマンに向いている副業であり、その理由には次の3つが挙げられます。

  • マイペースに取り組める
  • 手持ち資金の範囲で始められる
  • ビジネスの基礎を学べる

それぞれの理由を確認しておきましょう。

 

マイペースに取り組める

せどりは自分のペースに合わせて取り組むことが可能です。働く時間や日にちが決められているわけではないため、予定や体調に合わせてせどりを行えます。そのため、プライベートの時間を確保しつつ取り組めます。

 

もちろん、稼ぎたいなら活動時間を増やすことも可能です。また、不規則なシフト制の仕事であっても問題ありません。

 

手持ち資金の範囲で始められる

せどりは手持ち資金に合わせて始められます。仕入れる商品ごとに必要な資金量が異なるため、手持ち資金の範囲で仕入れられる商品を選ぶことで、無理なく取り組むことが可能です。

 

そのため、正しい方法で行なえば、せどりが失敗しても生活できなくなる心配はありません。安定した収入を確保しているサラリーマンであれば、毎月せどり用に資金を回すことで、持続的に活動できます。

 

資金量は多いほど、利益を得やすい商品を扱えるものの、少ない資金からであってもコツコツ取り組めるのがせどりの魅力です。

 

ビジネスの基礎を学べる

せどりに取り組むことでビジネスの基礎を学べます。せどりは安く仕入れて相場で売ることで利益を得るビジネスです。

 

このプロセスが商売の基本となるので、せどりに取り組めば、ビジネスの基礎を体得できます。サラリーマンの本業にも、せどりの考え方を活かすことが可能です。

 

副業せどりでサラリーマンはいくら稼げるのか

副業のせどりでサラリーマンが稼げる金額は、投じる資金や扱う商品によって変動します。資金が多いほど単価が高く、利益も大きい商品を扱いやすいです。

 

サラリーマンの活動時間を考えると、稼げる金額は数千円~15万円までの間となりやすいでしょう。もちろん、活動量や資金量によってはこれ以上稼ぐことも可能です。

 

サラリーマンの副業せどりに必要な資格と免許

サラリーマンが副業でせどりを行うのに特別な資格は不要です。ただし、中古品を扱う場合には、古物商の営業許可を取得しなければなりません。

 

古物商の営業許可は、警察署へ書類を提出し、2万円ほどの証紙代を支払うことで取得可能です。古物商の営業許可について詳しくは警察のHPにて確認できます。

 

サラリーマンの副業せどりに必要なスキル

サラリーマンが副業でせどりを行うのに、特別なスキルは必要ありません。資金管理能力と継続力があれば、せどりで成功しやすいです。

 

金管理能力

せどりは資金を回していくことで継続的に活動を行えます。そのため、資金が尽きないように管理するスキルが求められます。つまり、仕入れた商品を販売して資金を回収し、また次の仕入れにその資金を投じるということです。

 

このお金の流れをキャッシュフローといいます。売れない商品を仕入れてしまうと、キャッシュフローが滞ってしまい、資金が回らなくなります。キャッシュフローについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

せどりで重要なキャッシュフローとは?改善と管理のコツまで紹介

 

継続力

せどりはコツコツと利益を積上げていくビジネスです。継続的に取り組むことで利益が大きくなるため、隙間時間などを有効活用して、長期的に活動していく必要があります。継続できる方はせどりを副業とすることに向いているといえるでしょう。

 

サラリーマンが副業せどりを行う注意点

サラリーマンが副業でせどりを行う際に注意すべき点についてまとめました。こちらを確認の上、活動していきましょう。

 

就業規則で副業が認められているかを確認する

サラリーマンは所属している会社の就業規則によって副業が禁止されていると、せどりを行えません。どうしてもせどりを副業として行いたい場合には、会社の許可を得ることが必要です。

 

副業が認められている会社であれば、せどりを行っても問題はありません。ただし、本業に支障が出るような活動は控えましょう。

 

利益が出たら確定申告を行う

副業せどりで利益が出た場合は、サラリーマンであっても確定申告を行わなければなりません。確定申告によって売上、経費および利益を申告し、定められた税金を納税する必要があります。

 

利益が出ているにも関わらず確定申告を怠ると、申告漏れとなり、後から本来納税する金額に上乗せされた税金を請求される可能性があります。そのため、利益が出た場合には必ず確定申告を行いましょう。

 

仕入れは少しずつ行う

はじめの内から商品を大量に仕入れるのは危険です。商品を大量に仕入れると、手元資金がなくなってしまい、売れなかったときに次の仕入れができません。その結果、資金調達が必要となり、サラリーマンの給料が出るまで仕入れを待つことになります。

 

そうなると、利益を得るスピードが遅くなってしまいます。仕入れを少しずつ行うようにすれば、失敗しても次の仕入れに活かすことが可能です。また、せどりに慣れてきてからも、ひとつの商品を大量に仕入れることはリスクが高いです。

 

需要が変化すれば、商品が売れなくなったり、赤字を抱えたりしてしまいます。商品は少しずつ継続的に仕入れることが、長くせどりを続けるポイントです。

 

リサーチを入念に行う

せどり仕入れ前のリサーチが重要です。リサーチの質によって、せどりの成否が分かれます。リサーチについてはこちらの記事で解説しています。

せどりのリサーチは最重要!やり方からツールまで紹介

 

行動する

せどりは行動によって得られる利益を大きくできます。仕入れと出品を数多くこなすことで、利益を積上げていきます。反対に、行動しなければ稼げないので、資産運用のように放置して稼ぎたい方には向いていません。

 

中古品を扱うなら古物商の営業許可が必要

中古品を扱うなら古物商の営業許可が必要です。古物商の営業許可を取得せずに業として中古品を仕入れて販売すると、法律により罰せられます。古物商の営業許可は警察署にて申請が可能です。

 

はじめから大儲けはできない

せどりは継続的な活動によって利益を積上げるものであるので、すぐには成果が出ません。出品数に応じて売れやすさも変わるため、なるべく多く出品できるように行動することが大切です。はじめのうちは利益が出ずとも継続的に出品を続けていきましょう。

 

サラリーマンが副業せどりを始める流れ

サラリーマンが副業でせどりを始めるには、次の手順に従って進めるのが良いでしょう。

  1. せどりの流れを理解する
  2. せどりを実践する
  3. せどりの効率化を考える

これらの手順を確認し、取り組んでいきましょう。

 

せどりの流れを理解する

サラリーマンがはじめてせどりに取り組む場合は、まず全体の流れを理解しましょう。せどりの流れは、リサーチ、仕入れ、出品、発送です。発送後には、クレームがあった場合やお礼を伝えるために、顧客対応を行うこともあります。

 

この流れを繰り返し行うことで、売上をあげていきます。せどりのコツはこちらの記事で解説しています。

せどりのコツは仕入れにあり!リサーチ、販売のポイントまで解説

 

せどりを実践する

せどりの流れを理解したら、実践してみましょう。ひとつの商品についてリサーチし、仕入れ、出品までを行い、売れるまで待ちます。

 

売れたら発送を行うことで、一連の流れを体感できます。慣れるまでは丁寧に作業を行い、慣れてきたら扱う商品数を増やしていきましょう。

 

せどりの効率化を考える

せどりの実践により感覚を掴めたら、作業の効率化について考えていきます。可能な限り効率化を図ったら、外注やツールの導入を検討しましょう。外注は手配や資金面でのハードルが高いため、ツールの導入がおすすめです。

 

こちらの2つのツールが役立つので、詳細を確認してみてください。

転売ツール工房デイせど
Amazon販売総合管理ツール「D-plus」

 

まとめ

マイペースに取り組めるせどりは、忙しいサラリーマンにとって最適の副業です。せどりはやり方さえ覚えてしまえば、同じことの繰り返しです。コツを掴むことで安定して稼げるようになるので、継続的に取り組みましょう。

 

せどりをこれから始めるなら、すでに稼いでいる人が出品している商品を参考にすれば、すぐに成果を出せます。こちらのツールで閲覧が可能になるので、確認してみてください。

 

<転売ツール工房デイせど>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>