せどり!せどせど

せどりや副業に役立つ情報発信を行うブログです。

Amazonせどりの始め方、やり方を徹底解説!メリット・デメリット、儲けられる人の特徴まで紹介

Amazonせどりが気になっているものの、「始め方が分からない」、「本当に稼げるのか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、Amazonせどりの概要からメリット・デメリット、やり方、注意点、稼ぐためのポイント、儲けられる人の特徴、おすすめ商品ジャンル、便利ツールまで紹介しているので参考にしてください。

 

 

Amazonせどりとは

Amazonせどりとは、販売プラットフォームであるAmazonにて商品を販売する方法です。店舗や通販サイト、オークションなどで安く仕入れた商品を、Amazonで販売することで利益を得るビジネスです。

 

<複数のツールがパッケージ化>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>

 

Amazonせどりのメリット

Amazonせどりはメリットが大きいことから、最もポピュラーな方法です。ここでは、Amazonせどりのメリットを説明します。

 

集客力がある

Amazonは利用者数の多い販売プラットフォームであることから、集客力が期待できます。個人で通販サイトを開いても、集客は自ら行わなければならず、成果が出るまでに多大な時間が必要です。

 

Amazonへ出品すると、商品ごとに出品者が表示されるため、他のプラットフォームと比べて埋もれにくいです。そのため、自分が出品した商品を見つけてもらいやすく、売れやすいといえます。

 

個人が出品しやすい

大手通販プラットフォームにて出品しようとすると、出店料などある程度の資金を求められます。Amazonでは販売手数料と商品管理および発送手数料だけで利用できるため、資金力の小さい個人でも出品しやすいです。

 

出品から発送までの作業が楽

Amazonは商品カタログおよびFBAサービスが用意されており、出品や商品管理、発送作業の負担を軽減できます。商品カタログには商品の基本的な説明や写真が掲載されているため、出品時に説明を省略することが可能です。

 

FBAはAmazonが商品の保管、発送および顧客対応まで代行してくれるサービスです。FBAを利用すれば、これらの作業が商品をAmazon倉庫へ送るだけで済みます。

 

Amazonせどりのデメリット

メリットの多いAmazonせどりですが、気を付けなければいけないデメリットがあります。ここでAmazonせどりのデメリットを把握しておきましょう。

 

アカウント停止リスクがある

Amazonでは規約違反などによって、アカウントを停止されるおそれがあります。アカウントが停止されると、Amazonせどりを続けられなくなります。

 

手数料がかかる

Amazonせどりでは手数料がかかり、手数料には商品が売れるとかかるものや、FBAの利用により発生するものがあります。手数料が高くなると利益を圧迫し、儲けが少なくなります。

 

Amazonせどりの始め方

まずはAmazonで出品者のアカウント作成を行います。Amazonには小口出品者と大口出品者があります。小口出品は都度、手数料がかかり、大口出品は月額です。

 

FBAサービスを利用するなら大口出品者となる必要があります。本格的にAmazonせどりに取り組むなら、大口出品者を選びます。

 

Amazonせどりのやり方

Amazonせどりの最初の工程はリサーチです。リサーチによって商品の相場と売れ行きを確認します。リサーチはツールを用いて行います。代表的なツールはKeepaです。リサーチについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

せどりのコツは仕入れにあり!リサーチ、販売のポイントまで解説

 

リサーチによって商品を決めたら、店舗またはネットで仕入れを行います。仕入れ先についてはこちらの記事で紹介しています。

せどりの仕入れ先はどこ?代表的な仕入れ先から選定のポイントまで解説

 

リサーチによって調べた相場よりも安い金額で仕入れて、相場でAmazonにて販売します。

 

Amazonせどりの注意点

Amazonせどりにはいくつか注意点があります。これらに気を付けて取り組みましょう。

 

出品が禁止・制限されている商品がある

Amazonでは出品が禁止および制限されている商品か存在します。法律に反するものやアダルト商品などがあります。一方、出品制限はAmazonへ申請を出すことで出品が認められる可能性があります。出品制限されている商品は販売者によって異なります。

 

出品禁止および制限されている商品を調べるには、Amazonの管理ページであるセラーセントラルにて検索が必要です。

 

商品を検索すると、該当商品を出品できるかが表示されています。商品を仕入れる前には出品禁止・制限に該当していないかを調べておきましょう。

 

キャッシュフローに気を付ける

せどり仕入れた商品を販売して、投じた資金を回収し、次の仕入れや支払いを行います。商品が売れないと資金を回収できずに、せどり資金が尽きてしまうおそれがあります。

 

お金の流れのことをキャッシュフローといい、資金が手元にある状態をプラス、枯渇した状態をマイナスと表現します。キャッシュフローがプラスとなるように計画的に販売を行うことが、Amazonせどりにおいて最も気を付けるべきことです。

 

特にクレジットカードで仕入れを行なっている場合は、支払日までに資金を用意しておかなければなりません。支払いが遅延すると信用情報を傷つけ、生活に悪影響を及ぼすため、十分に気を付けましょう。

 

安定したキャッシュフローを維持するために、リサーチで売れ行きを確認しておくことが非常に重要です。

 

Amazonせどりで稼ぐためのポイント

Amazonせどりで成功するには、いくつかポイントがあります。ポイントを押さえてAmazonせどりを行えば、稼げる可能性が高まります。

 

適正価格で出品する

Amazonせどりでは、適正価格にて出品しなければ売れにくいです。適正価格よりも高い金額で出品すると、他の出品者の商品との競争で負けてしまいます。反対に適正価格よりも安く出品した場合は、値下げ合戦となり、値崩れを起こしてしまいます。

 

値崩れすると仕入れ価格よりも安い金額でしか売れなくなり、損失を被ってしまいます。以上のことから、Amazonせどりでは適正価格での出品が基本です。

 

仕入れ価格を下げて利益を確保する

Amazonせどりで稼ぐには、仕入れ価格をできる限り抑えることがポイントです。仕入れ価格が安いほど、適正価格との差が大きくなり、利益を確保できます。

 

仕入れ価格を安く抑えるには、仕入れ先の見直しやセール、クーポンの活用が有効です。定期的に仕入れ先を見直したり、セール情報をこまめにチェックしたりしましょう。

 

カートを獲得する

Amazonの商品ページにて、最上位に表示されることを、カートを獲得するといいます。カートに入れるボタンを押されたときに、最上位にある出品者の商品が購入対象となるため、カートを獲得すると呼ばれます。

 

カートは主に販売実績と商品価格によって獲得できます。カートを獲得できれば、商品の売れる確率が高まるため、販売実績を重ねてカートの獲得を目指しましょう。

 

商品説明を充実させる

Amazonせどりで商品を売れやすくするには、商品説明を充実させることです。疑問を持った購入者は、購入するのをためらってしまうため、購入者の疑問に先回りして、説明しておくことが大切です。

 

FBAを活用する

FBAを活用すれば、発送作業の負担を軽減できます。発送作業にかける時間を短縮できれば、商品リサーチなどのより重要な作業に時間をかけられます。

 

Amazonせどりで儲けられる人の特徴

Amazonせどりで儲けられる人の特徴を紹介します。稼げる人物像に近づけるように行動することが大切です。

 

実践する

Amazonせどりは作業を繰り返し実践することで利益を積み上げるビジネスです。そのため、積極的に実践する人が儲けられます。

 

行動量が多い

Amazonせどりでは行動量の多い人が儲けられます。作業の積み重ねで利益をあげていくため、行動量は利益に直結する要素です。

 

分析する

Amazonせどり成功のポイントは、リサーチの精度を上げることです。リサーチの結果がAmazonせどりの成績を左右します。リサーチでは商品の売れ行きや相場を調べるもので、分析力が求められます。

 

難しい技術は必要ないものの、分析が得意であれば、リサーチを行うのが苦になりにくいです。普段から分析するクセのある人は、Amazonせどりに有利といえます。

 

改善する

改善する習慣のある方は、Amazonせどりの効率を高めていけます。Amazonせどりはリサーチ、仕入れ、出品、発送、顧客対応と、作業量が多いです。

 

Amazonせどりはこれらの作業を繰り返して利益を積み上げていくビジネスなので、作業効率を改善していけば販売できる回数が増え、成績を上げられます。

 

Amazonせどりで儲けられない人の特徴

反対に、Amazonせどりで儲けられない人にも特徴があります。このような行動があれば、改善していきましょう。

 

行動しない

Amazonせどりに限りませんが、行動しなければ成果が出ることはありません。基本的なやり方を覚えたり、資金を準備したりする必要はあるものの、実践することで知識や技術が身に付いていくため、できるだけ早く行動に移すことが重要です。

 

いつまでも行動しない人は、Amazonせどりで稼げません。

 

同じ失敗を繰り返す

Amazonせどりの実践に失敗はつきものです。失敗すること自体は悪いことではありません。しかしながら、同じ失敗を何度も繰り返すのは成長していない証拠です。

 

Amazonせどりで儲けられるようになるには、失敗から学ぶ姿勢で取り組むことが必要です。

 

勘に頼る

仕入れる商品や出品価格を勘に頼って決めていては、Amazonせどりで儲けられません。Amazonせどりではデータに基づいたリサーチを行うことで、着実に商品を販売できます。

 

勘に頼っていては売れた実績の少ない商品を仕入れたり、価格設定が不適切で競合に負けたりすることになり、Amazonせどりが失敗に終わります。

 

Amazonせどりで稼げないときの原因

Amazonせどりで稼げないのには理由があります。うまくいかないと思ったら、次の原因に当てはまっていないかを確認しましょう。

 

手数料を計算に入れていない

想定よりも利益が少ない場合は、手数料や送料を計算に入れていなかったり、計算が間違っていたりしているかもしれません。手数料や送料は商品の仕入れ、保管、発送の工程にかかってくるので、各工程で抜け漏れや間違いがないかをチェックしましょう。

 

価格差が十分でない

仕入れ価格と販売価格の差額から手数料や送料を差し引いた金額が、Amazonせどりの利益です。仕入れ価格が高く、販売価格との差額が小さいと、得られる利益は少なくなります。

 

販売価格は相場に合わせて設定するため、差額を大きくするには仕入れ価格を抑える努力が必要です。

 

売れ行きの悪い商品を扱っている

売れ行きの悪い商品を扱っていると、仕入れに使った資金を回収できず、仕入れが滞ってしまいかねません。売れ行きの悪い商品を仕入れるとなかなか売れず、不良在庫となりやすいです。

 

高単価商品は売れ行きの悪いことが多いため、リサーチを念入りに行うことが重要です。

 

薄利多売スタイルになっている

商品単価が安く、利益の小さい商品ばかりを扱っていると、薄利多売のスタイルとなり、儲けるための負担が大きくなります。

 

単価の低い商品は売れ行きが良く扱いやすいものの、作業量の割に儲けにくくなりがちです。高単価商品も織り交ぜて扱うと、利益と売れ行きのバランスをとりやすいです。

 

出品数が少ない

出品数が少ないと、Amazonの評価やレビューがつかず、購入者からの信頼を得にくいです。高評価がついている出品者の商品が売れ、自分のものが売れにくい状態となります。

 

Amazonせどりを始めたばかりは仕方がないものの、出品数を増やして販売機会を多くすることが大切です。

 

需給が変化している

リサーチによって売れ行きを確認した商品であっても、需給の変化によって売れなくなることがあります。

 

データよりも売れ行きが大きく異なる場合には、原因の究明が必要です。商品に関する悪いニュースが流れていたり、トレンドが変化したりしている可能性があります。あまりに売れない場合には、安く販売する損切りを行なって売り切りましょう。

 

ライバルが多い

同じ商品を出品している人が多いと、自分の商品が売れにくくなります。需要が十分であれば問題ないものの、供給過多となっている場合にはなかなか売れません。リサーチの際に売れ行きに対する出品者の数も確認しておきましよう。

 

Amazonせどりでおすすめの商品ジャンル

Amazonせどりには稼ぎやすいジャンルが存在します。まずはこれらのジャンルを取り扱うのがおすすめです。

 

家電

家電は高単価の商品が多く、まとまった利益をとりやすいです。売れ行きの良い商品も多いので、キャッシュフローが安定しやすいというメリットもあります。特にオフィス関連やヘルス・ビューティー系の商品は回転率が高く、売れるのが早いです。

 

ゲーム

ゲームジャンルには高単価の本体や価格の安いソフト、周辺機器があります。人気のゲームは需要の高さから売れやすく、キャッシュフローが安定しやすいです。

 

プレミア化している商品は相場が跳ね上がっており、入手できれば大きな利益が期待できます。リサイクルショップなどで見つけられる可能性があるので探してみましょう。

 

おもちゃ

おもちゃジャンルの商品は対象年齢によって人気のものが異なるので、商品が幅広いです。特にプラレールトミカは安定して人気のある商品です。

 

クリスマスは需要が一気に高まり品薄になることから、商品をAmazonなどの通販サイトで探す方も多くなります。

 

そのため、事前に商品を仕入れておき、クリスマス近辺で売り切るのが基本的な方法です。もちろん、リサーチで売れ行きを調査して販売すれば、クリスマス以外でも売りやすいジャンルです。

 

Amazonせどりに便利なツール

Amazonせどりに便利なツールを2つ紹介します。ひとつ目はAmazonせどりで実績を出している出品者の販売商品を閲覧できるツールです。実際に売れている商品が分かるので、特に初心者の方には商品選びの参考になり、おすすめです。

 

売れている商品からリサーチを始めれば、Amazonせどりがスムーズに行えます。こちらから詳細を確認してみてください。

<転売ツール工房デイせど>

 

もうひとつのツールは、Amazonせどりを効率化・自動化するものです。Amazonせどりはリサーチ、仕入れ、出品、発送、顧客対応、在庫管理と、作業量が多いです。

 

このツールですべての作業における負担を軽減できるので、効率が上がり、利益を積み上げるスピードが上がりやすくなります。詳細はこちらから確認してみてください。

<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>

 

まとめ

Amazonせどりは、最もポピュラーで稼ぎやすい手法です。利用者数や扱える商品数が多く、効率化も図りやすいです。リサーチをしっかり行なって、Amazonせどりを成功させましょう。

 

<転売ツール工房デイせど>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>