せどり!せどせど

せどりや副業に役立つ情報発信を行うブログです。

副業をやめとけと言われたらどうする?対処法とやめた方がいい人の特徴まで紹介

副業を検討している方の中には、周囲の人にやめとけと言われて戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、副業をやめとけと言われる理由から副業をやらないリスク、対処法、やめた方がいい人の特徴、向いている人の特徴、やめとけと言われやすい副業の特徴、おすすめの副業の特徴まで紹介しているので参考にしてください。

 

 

副業はやめとけと言われる理由

周囲の人が副業をやめとけと言うのには理由があります。まずはその理由を把握しておきましょう。

 

<複数のツールがパッケージ化>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>

 

本業がおろそかになる

副業を行うことによって、本業に支障をきたす可能性があります。副業のせいで本業に集中できなくなると、会社に迷惑をかけてしまいます。本業がおろそかになることを心配して反対されることがあります。

 

体調を崩す

副業に取り組むことで業務時間が増え、体調を崩すおそれがあります。本業と両立できる体力があるかという懸念から、副業を反対されることがあります。特に体調不良での欠勤が目立つ方は反対されやすいでしょう。

 

プライベートの時間がなくなる

プライベートの時間を副業に充てることで、休日を楽しめなくなったり、人付き合いが希薄になったりしがちです。そのことを心配して反対されることがあります。

 

嫉妬されている

他人が前向きに行動しようとしているのを、妬ましく感じる人もいます。嫉妬するのは失敗を恐れて行動しない人に多く見受けられるパターンです。失敗しないように親切に言ってくれていることもあります。

 

副業をやらないリスク

収入を本業だけに頼るのはリスクがあります。かつての終身雇用体制が崩れ、早期退職などもあり得ます。不景気による倒産の可能性もあります。そうしたリスクを軽減するには、複数の収入源の確保が有効です。

 

収入源が複数あれば、本業でトラブルがあった場合でも、生活を維持できます。先行きの不透明な現代においては、副業をやらないリスクが高まっています。

 

副業はやめとけと言われたときの対処法

周囲の人に副業はやめとけと言われると、心が揺れることもあるでしょう。副業を反対される理由について対処すれば、反対意見があっても判断しやすくなります。ここでは、それぞれの対処法を紹介します。

 

副業のメリットを理解しておく

副業はデメリットが多いと思われがちですが、得られるメリットは大きいです。副業に取り組むことで仕事の生産性が上がったり、スキルを得られたりするメリットがあります。副業のメリットを理解しておけば、取り組む意義が生まれます。

 

目的を明確にする

なぜ副業に取り組むのかという目的を持つことで、周囲からの批判が気になりにくくなります。目的を達成することに集中すれば、周りの目が気にならなくなります。漠然と副業に取り組むのではなく、目的意識を持てば流されにくいです。

 

周囲に話さずに始める

周囲に副業に取り組むことを話すと、応援してくれる人がいる一方で、反対する人も現れます。批判を気にしやすい方は、周囲に話さず始めるのがひとつの対策です。

 

本業に支障をきたさないようにする

本業に支障をきたすなら、副業は控えるのが望ましいです。副業の影響で本業に身が入らなくなったり、遅刻したりするのは大問題であり、周囲からの信頼を失いかねません。副業に取り組むなら本業に支障のないように取り組むべきです。

 

自己管理を徹底する

副業に取り組む上で自己管理の徹底は必須です。体調やスケジュール管理は副業を続けるのに重要なことです。副業のせいで体調を崩したり、スケジュールをこなせなくなることのないように気を付けましょう。

 

副業をやめた方がいい人の特徴

副業に興味があったとしても、やめた方がいい方も中にはいます。副業をやめた方がいい人の特徴を紹介します。

 

自己管理ができない

自己管理は社会人として基本的なことです。自己管理ができないようであれば、副業どころではないので、まずは本業にしっかりと取り組むことが望ましいです。

 

本業で手一杯

本業が忙しかったり、スキルや知識が身に付いていないうちは、副業に取り組むのは難しいでしょう。自信を持って仕事をこなせるようになるまでは、本業に集中するのがよいです。

 

他力本願・他責

副業に取り組んだ結果は、すべて自己責任です。結果を他人や環境のせいにしがちな人は、副業でも責任逃れをしやすく、向いていません。副業に取り組むなら自己責任であることを理解しておきましょう。

 

副業をする目的を持たない

副業を行う目的がなく、なんとなく流行っているからという理由で取り組んでも、続けにくく、結果も出にくいです。

 

副業はコツコツと継続することで成果を得られるものですが、目的がなければ方針が定まらず、中途半端になってしまいます。まずは副業に取り組む具体的な目的を設定しましょう。

 

他人の意見を鵜呑みにする

副業は自己責任であり、誰も責任を取ってはくれません。他人の意見を鵜呑みにした失敗も自己責任となるため、自分で考えて判断できない人は副業に向いていません。最近では副業を利用した詐欺まがいの案件もあるので、騙されてしまいかねません。

 

楽して稼ぎたい

副業で稼ぐのは楽ではなく、一定の作業や勉強が必要であり、楽して稼ぎたい方には合いません。楽して稼ぐのは難しく、そうした考えを利用して、騙されたり犯罪に加担させられたりするおそれがあります。

 

会社で副業が禁止されている

会社で副業が禁止されていれば、それに従わなければなりません。規則を破って副業を行っていることが発覚すれば、懲戒処分など厳しい措置がとられることもあります。

 

副業に向いている人の特徴

副業に向いている特徴があれば、本業と両立しやすいでしょう。ここでは副業に向いている人の特徴を紹介します。

 

コツコツ継続して取り組める

副業はコツコツと継続することで稼げるようになります。取り組む時間が本業よりも短いため、日々の積み重ねが大事です。そのため、継続できる方は副業に向いています。

 

孤独が苦にならない

副業をしていると、仲間と過ごす時間を削ることになりがちです。他のみんなが遊んでいる間に副業に取り組むことになるため、孤独を感じることもあります。孤独が苦手な方にとってはツラいと感じることが多いでしょう。

 

黙々と作業できる

限られた時間を有効活用する副業は、集中力が大切です。黙々と作業できる集中力の高い方は、副業に向いています。

 

やめとけと言われやすい副業の特徴

副業の中にはやめとけと言われやすいものが存在します。やめとけと言われやすい副業の特徴を紹介します。

 

単価が低い

副業に充てられる時間は限られているため、単価の低い仕事で稼ぐのは難しいです。仕事をこなしているのにまとまった収入になりにくいため、ストレスを感じることにもつながります。

 

業界によって相場があるものの、同じ仕事でも営業の仕方で単価を上げられることがあるので、意識して取り組みましょう。

 

作業量が多い

作業量が多い仕事は、完結させるのに時間がかかるため、収入となるまでに時間がかかります。作業量と単価のバランスを考える必要があります。

 

資産性がない

単発で完結する作業系の副業は、資産性がなく楽にならないため、やめとけと言われやすいです。資産性のない副業は、作業の手を止めると収入がなくなってしまいます。

 

競合と関連する

本業と競合する企業に関連する副業は控えるのが望ましいです。万が一、機密情報が漏れると責任を問われかねません。

 

漏洩には関わっていなかったとしても、何かあれば疑いの眼差しを向けられるかもしれません。競合と関連する企業には、副業で関わらないのが無難です。

 

おすすめの副業の特徴

やめとけと言われやすいものとは反対に、副業としておすすめなものもあります。おすすめの副業の特徴を紹介します。

 

資産性がある

資産性のあるストック型の副業は、一度作った成果物や作業が積み上がっていき、手を止めても収入が入りやすい構造です。

 

コツコツと積み上げていくことで、本業に従事している間にも収益を上げやすいことから、ストック型は副業に向いています。代表的なものにはブログを活用したアフィリエイトがあります。

 

作業量が少ない

作業量の割に収入の多い副業は、短時間で稼ぎやすいためおすすめです。ただし、作業量は少なくても肉体的または精神的な疲労を伴うものがあるため、自身の体力や適性に合わせて選ぶ必要があります。

 

また、作業量が少なく楽して稼げるなどとうたっている広告は、詐欺の疑いがあるため注意しましょう。

 

本業のスキルを磨ける

本業と関連するスキルを磨ける副業は、自身のステップアップにつながります。本業に求められるスキルが何かを考えて、副業を選択するのもおすすめです。

 

まとめ

副業をやめとけと言われる理由および副業のメリットについて理解し、取り組むか決めることが大切です。自身の適性を把握することも重要です。

 

<転売ツール工房デイせど>
<Amazon販売総合管理ツール「D-plus」>